書籍『フォロンを追いかけて Book1』

初期ドローイングとプルーストの質問帖から、フォロンを「知る」本

ジャン=ミッシェル・フォロン(1934-2005)は、ユーモラスな線描、美しい色彩とファンタジックな世界観、そして人類に警鐘を鳴らす強いメッセージを描いたベルギー人のアーティストです。1970年代以降世界的に活躍し、日本でも1980年代と90年代に大規模な巡回展が開かれ、人々の心をつかみました。今回約30年ぶりに展覧会が開かれるのを機に、フォロンのファン、フォロンを知らない新たな鑑賞者にむけた本を2冊出版します。フォロンが生み出した多彩で詩情的な作品群を前に、すっと心を開く。そしてフォロンを過去にではなく、未来に感じる。そんなきっかけになるような、フォロンを追いかける二つの旅のような2冊の本です。

『フォロンを追いかけて Book1』
1冊目はフォロンを「知る」旅。1955年、21歳で故郷ベルギー・ブリュッセルを離れパリにやってきたフォロン。代名詞といえる色彩豊かな作品へと発展する前の初期ドローイング50点に、マルセル・プルーストが答えたことで有名な34の質問帖(Le questionnaire de Proust)への回答を添えました。ドローイングとチャーミングな回答が響きあい、フォロンの人柄や空想的な思考、社会への問題意識、人類に対する信頼や希望が、作品とともに立ち上がります。アーティストであり最初の妻・コレット・ポルタルによる寄稿も必読です。パリでの出会い、創作や暮らし、田園ビュルシーでの日々や家族について、みずみずしい追憶からフォロンの魅力に迫ります。

2024年6月14日発売予定
定価:税込2,200円(本体2,000円)
イラストレーション・言葉:ジャン=ミッシェル・フォロン
寄稿:コレット・ポルタル
翻訳:松井宏、エレオノール・マムディアン
アートディレクション&デザイン:須山悠里
デザイン:小河原美波
編集:柴原聡子
印刷・製本:株式会社アイワード
仕様:A5変型、128ページ、並製
ISBN:978-4-908356-57-5

ジャン=ミッシェル・フォロン(Jean-Michel Folon, 1934-2005)

20世紀後半のベルギーを代表するアーティストのひとり。1934年ベルギー・ブリュッセル生まれ。はじめは建築や工業デザインを学ぶが、1955年にパリ近郊へ移住し本格的に絵を描き始める。1960年代初頭に雑誌『ニューヨーカー』や『タイム』の表紙を飾り、その後、各国で高く評価され、世界中の美術館で個展が開催される。日本では30年ぶりとなる回顧展を、2024年7月より東京、名古屋、大阪で順次開催。

◎展覧会

「空想旅行案内人 ジャン=ミッシェル・フォロン」

2024年7月13日(土)―9月23日(日) 東京ステーションギャラリー(東京)
2025年1月11日(土)―3月23日(日) 名古屋市美術館(愛知)
2025年4月5日(土)―6月22日(日) あべのハルカス美術館(大阪)

【取扱店】
全国の書店

【オンライン販売】
Blue Sheep Shop
楽天ブックス
Amazon