書籍『ちいさなベストフレンド ウッドストック』

スヌーピーの親友・ウッドストックの小さな本

2022年7月16日から2023年1月9日まで、スヌーピーミュージアム(東京・南町田)で開催中の「ちいさなベストフレンド ウッドストック」展にあわせて刊行する本です。

個性豊かなキャラクターの多い「ピーナッツ」。中でも小鳥のウッドストックは、スヌーピーの親友で、最も小さくてかわいらしく、けれどもちょっぴり謎に包まれた存在です。

ウッドストックは小さな巣の上で悠々自適に生活するおしゃべりな小鳥ですが、その言葉を理解できるのはスヌーピーだけ。うまくいかない恋をしたり、上手に空を飛べなかったり、事故に巻き込まれたりします。でも、スヌーピーと一緒にいればどんな困難も乗り越えられます。

本書はウッドストックの「ピーナッツ」登場から、スヌーピーとの愉快な物語までを、代表的なコミックで紹介します。またウッドストックの名前の由来になったウッドストック・フェスティバルを、ピーター・バラカンさんが解説。さらに、作家・くどうれいんさんによる書き下ろし小説「ポテト&コーンボーイ」も収録。小さくてもユニークなウッドストックの魅力がたっぷり詰まった一冊です。

7月10日まで開催していた「しあわせは、みんなの笑顔」展の公式図録『Laugh and Smile しあわせは、みんなの笑顔』に続く、スヌーピーの小さな図録 第2弾です。

2022年8月3日 発売
定価:税込1,870円(本体1,700円+10%) 
編集:ブルーシープ
装丁:コズフィッシュ
仕様:A6変、並製、378ページ
ISBN: 978-4-908356-34-6 

◎チャールズ・M・シュルツ
漫画家。1922年、アメリカ・ミネソタ州生まれ。理髪店を営む父の影響で幼少の頃から新聞漫画に親しんでいた。通信教育で絵を学び、1950年より「ピーナッツ」の新聞連載を開始。以来、亡くなるまでの50年にわたり「ピーナッツ」を描きつづけた。

◎展覧会
企画展「ちいさなベストフレンド ウッドストック」
2022年7月16日(土)〜 2023年1月9日(月)
スヌーピーミュージアム(東京・南町田)

【取扱店】
全国の書店

【オンライン販売】
Bluesheep Shop
Amazon
楽天ブックス